生きるだけで精一杯で国民健康保険と年金を滞納

親との暴力や不仲が原因となり十八歳から一人で生活をしてきました。

仕事はとりあえず夜の世界に飛び込み、家はウィークリーマンションを毎週更新するという方法でやりくりしていました。

家を出たばかりで貯金もなく、仕事はしているとはいえ、ウィークリーマンションの賃料と収入が同じ位という状態だった為、すぐ財政難に陥りました。

携帯電話は活かしておかないとお客様と連絡が取れないため、お金がなくても給料の前借りや、キャッシングを利用したりしてで携帯電話の支払いは滞らない様にしていました。

水商売なのでキャッシングを利用できるのかな?と不安もあったのですが、ネットでいろいろ調べると借りる事ができるということが分かりました!私が調べたサイト⇒水商売キャッシング

しかし、国民健康保険と年金については支払いを諦めました。当時の私は無知だった事もあり、減額申請という方法があるということもしりませんでした。

そのため「払わないで放置する」という選択をしてしまったのです。やはり当時の収入ですと家賃を支払うだけで精一杯で、食事もまともに取れない状況でした。

国民健康保険が使えないため、病院にも行けずにいたのですが、見かねたお客様の一人が「社宅を貸してあげる。」と申し出てくださり、やっとまともな生活を送れる様になりました。

家賃は光熱費込みで5万5千円で、間取りは6畳一間でした。駅からは遠かったのですが、電車を使えば都心までも20分というとても便利な所でした。

引っ越し代金まで貸してくださったので初めの半年位はその費用の返済を優先にしていました。

借金がなくなってからは健康保険と、年金の滞納分を支払う事が出来る様になったので分割で滞納分を支払っていました。

家賃が今までの半分以下に抑えられているとはいえ元々の収入も多いわけではなかった為、借金と滞納分を支払いきるまでは食費や交際費などの削れる所を我慢して生活していました。

光熱費に関しても贅沢出来る状態でなかった為お風呂も5分で出る様にしたり、冷房や暖房も使わない様にしていました。そういった小さな積み重ねもあり、最後の方は数ヶ月まとめて滞納分を支払うことができました。

お金がない時の手段。

お金がなくて困る時はいつも生活費が厳しい時です。
大きな出費が必要な訳ではないので、まずは日々の食費を節約します。
安い食材である、もやしや豆腐料理を活用します。
それでも足りなくて困る場合は、家の中にある不用な物を売ります。
幸い、独身時代から溜めた趣味のDVDやCDは沢山あります。
これを売るだけで食費になったりするのです。
フリマアプリで服を売ったりもします。
それでも厳しい場合は、やっぱり何かしら稼ぐしかありません。
私はどうしてもお金を借りるということが嫌いで、絶対にしたくないからです。
働きたい、そう思っていても現在妊娠中なので外で働くことができません。
お小遣いサイトでコツコツ稼いだり、ネット内職で稼いだりしています。
あまりしたくないのですが、メールレディーをやって稼いだりもしています。
しかしこの仕事は相手あっての仕事なので、いくら自分が頑張っても報酬にムラがあります。
やはり確実に稼ぐには、物を売るかネットで稼ぐに限ります。
今まで切り詰めて生活してきましたが、それでもお金に困る時もあります。
主人は派遣社員なので、出勤日数がお給料に反映されます。
大型連休になるとそれだけお給料が減ってしまうのです。
年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みの翌月のお給料が少ないので必ずお金に困ります。
私のささやかな助けではどうしようもない時があります。
それでも消費者金融に借りることだけは絶対にしたくありません。
幸い、主人の会社は融通が利きますので、お給料を前借りさせて頂くことがあります。
普段は残業もバリバリとこなしているので、その残業代を先に頂いたりできるのです。
それで何とか生活しています。

たまにカードローンを利用する時はあります。

専業主婦カードローン
最終的に高額な出費がある時は、貯金に手を出すしかありません。
でも将来の為に、できるだけ貯金には手を付けたくないのです。
子供が産まれたら託児所のある職場を探したいと思います。
残念ですが、主人の収入だけでは親子三人生活するのは厳しいと実感しました。
それまで、生活費をできるだけ節約して乗り切りたいと思います。

最近の消費者金融情報について少し調べてみました・・・

平均的な消費者金融の場合だと、無利息の期間はたかだか1週間前後なのに対し、プロミスで借りれば新規申込時に最大30日、無利息という金利で借り入れをすることができるというわけです。
近年、消費者金融自体は巷にどんどん展開されていて、どこにしたらいいか悩んでいる人がたくさんいるため、インターネットや雑誌で高評価ランキングという仕様などで様々な口コミから比較することがいつでも可能です。
緊急にお金が必要となった時の為の即日融資に即応した消費者金融会社なら、その会社の審査を何事もなく通過したら、即座に借り入れができます。即日融資という制度は大変な時には実に助けになります。
一社ごとの金利のことが、しっかりと取りまとめられている消費者金融業者の比較サイトも多くあるので探してみるといいでしょう。金利に関する詳しい情報は重要なポイントなので、十分に比較しなければなりません。
「やむにやまれぬ事情で今すぐにでもお金を準備しなければならない」・「親や兄弟にも大事な友人たちにもお金の話はしたくない」。こんな時、無利息期間が設けられた消費者金融に支援を求めましょう。

実体験として利用してみたところ驚くべきことがあった、などの口コミもたまにあります。消費者金融会社に関連した口コミを取り扱っているブログがたくさんありますから、見ておいた方がいいかと思います。
よく耳にする即日融資とは、申込を行った当日中に早速お金を借りる事が可能になるという事です。生まれて初めて消費者金融業者を利用する場合は、元より金融機関への申込が不可欠となるので心しておきましょう。
高金利に決まってる、との一人歩きしたイメージに縛られることなく、消費者金融をいろいろ比較してみることが大切です。審査結果と融資商品の内容によっては、そこそこ低金利での借り換えがOKになる場合だってあるのです。
低金利が売りの消費者金融会社をランキング付けして比較しています。ほんのわずかでも低金利なローン会社に申し込んで、合理的なお金の借り受けを心がけたいものです。
特に、消費者金融においての審査に、幾度も落ちているというのに、懲りずに別の金融会社にローンを申し込んでしまったら、新たな審査についても通過しにくくなるので、注意した方がいいでしょう。

現時点における未整理の債務件数が4件を超過しているというケースなら、当然ながら審査を通ることは難しいでしょう。特に名前の通った消費者金融業者だとより一層厳しい審査となって、拒否されることが多いです。
審査に関する情報を先に、チェックしたり比較したりしておきたいという方は、絶対見たほうがいい内容です。主な消費者金融業者が定めている審査基準についてまとめたものになっています。できることなら、借入に先立って自分なりに調査してみてください。
ブラックリスト掲載者でも融資してくれる中小タイプの消費者金融業者一覧があれば、融資を申し込む際に役立つと思います。何をおいても借金しなければならない時、融資してくれるキャッシング会社が一見してわかります。
審査がさほどきつくない消費者金融を集めた比較サイトです。貸せないと言われても、融資を断られてしまっても失望することはないのです。低金利での借り入れができるところをピックアップし、効果的に使ってください。
最初から無担保の融資であるのに、銀行と変わらず低金利である消費者金融会社というものが多く存在します。そのような消費者金融業者は、インターネットを駆使して難なく見出せます。

 

 

 

キャッシングの申し込みについて

30日以内は無利息で融資してくれる、即日キャッシングをやってる会社を損しないようにうまく使うことができれば、高い低いが気になる利率に悩むことなく、キャッシングが決められるので、とっても有利にキャッシングしていただけるキャッシングサービスでありおすすめなのです。

上限はあるもののしばらくの間の、利息は1円たりとも必要ない無利息キャッシングは、融資してくれたローン会社に支払うお金の総計が、絶対に無利息期間分少なくなるので、かなりうれしいサービスです。ちなみに、審査の内容が、これに合わせて通りにくくなることもないのも魅力です。

借入の用途に一番適しているカードローンはどの会社のものなのか、確実な返済の金額は、何円とするべきなのか、ということを十分に把握して、ゆとりのある計画を組んでカードローンの融資を利用するべきなのです。

すぐに現金が必要なときのキャッシングを申込む方法で、最も多数派になっているのは、ネット経由で行うWeb契約と呼ばれている最新の方法なんです。ここでの審査の結果が融資OKなら、、それで契約締結で、いくらでも設置されているATMを利用して新規借り入れが可能になるという便利さです。

お手軽でもカードローンを申し込む際には、審査を受けなければいけません。当然ながら審査にOKをもらえなかった時は、依頼したカードローンの会社が行う便利な即日融資を受けるということについては不可能というわけです。

借り入れ当事者が本当に返せる人間に間違いないかについて細かく審査して結論を出しているのです。完済まで遅れずに返済する可能性が十分にあるという融資承認の時、これに限って審査を行ったキャッシング会社はあなたの口座に振り込みを行うのです。

想定以上の出費のことを想像して作っておきたいどこでも使えるキャッシングカード。もしも補てんのための現金を借りるならば、低金利よりも、利息不要の無利息の方を選びますよね。

固定資産税のことをついうっかり忘れていて、固定資産税を払うためにキャッシングを利用するという人も最近は多いみたいですよ。固定資産税って結構器楽が高いですからちゃんと考えておかないとですね。⇒固定資産税払えない

確かに利息がカードローンと比べると余計に必要だとしても大きな額の借金じゃなくて、30日以内に返してしまえるのが間違いなければ、審査がシンプルで手早く貸してもらえるキャッシングで借りるほうがいいんじゃないでしょうか?

その日中であっても融資してほしい金額がキャッシング可能!それが、消費者金融が提供している頼りになる即日キャッシングです。初めに受けなくてはいけない審査にパスすれば、超スピーディーにあなたが希望している資金がキャッシングできるので大人気です。

無人契約機を使って店舗窓口に行かずに、申込んでいただくというスピーディーな方法もあるわけです。無人コーナーにある専用の端末だけでご自分で申込みしていただくので、決して誰にも会わずに、何かあったときにキャッシングで貸してもらうために必要な申込ができるのです。

意外なことにお金が足りなくなるのは、性別では女性のほうがたくさんいると言われています。出来ればもっと申込しやすい女性だけの、特典つきの即日キャッシングサービスなどが多くなってくると便利になっていいと思います。

たとえどのキャッシング会社に、融資のための申込をやる!と決めても、そのキャッシング会社で即日キャッシングで対応していただくことが可能な、時刻について、それがいつまでかを重要なので、しっかりと調べていただいて問題なくいけそうなら融資のための契約申込をしなければいけません。

キャッシングなのかローンなのかという点は、時間や労力をつぎ込んでまで知識を身に着ける必要はないけれども、現金の融資のときには、融資してもらったお金をどうやって返済していくのかに関しては、十分に確かめてから、現金を貸してもらうようにしてください。

かなり多い金融関連のウェブサイトの情報を、利用したいただくことによって、頼みの綱ともいえる即日融資をしてくれる消費者金融(サラ金)会社を、その場で簡単に詳しく調査して、見つけて選ぶことも、可能なのです。

ご承知のとおりキャッシングの申込の際は、全く同じに思えても金利がとてもお得とか、利子が0円の無利息期間があるとか、いろんな種類があるキャッシングの長所や短所は、会社の違いによっていろいろです。

マイカーローン利用経験について

マイカーを手に入れるときにローンを利用しました。自分の貯金で何とか買えない金額ではなかったのですが、今後何でお金がかかるか分からないので手元には幾らか残しておきたいと考えていました。

なので半分はローンを利用する方向で考えました。ディーラーにもローンはあるのですが金利が高めだったので利用することを思いとどまっていたところ、インターネットで銀行のマイカーローンについて知りました。

通常金利はディーラーより少し低めな程度だったのですが、銀行の取引状況次第では金利の優遇があるというのです。主に給与振込や公共料金の引き落としをしていたり、住宅ローンなどの契約がある方が対象になります。

何も知らないままディーラーの言われるままにローンを組んでしまうところでした。ほんの数パーセントと思いがちですが、これが金額にすると相当大きな金額になりますので、銀行のマイカーローンを利用して本当に良かったと思っています。

返済も当初予定していたボーナス払いは利用しない形になりました。もしも何かしらローンを利用するのであれば、取引のある銀行で何かお得な商品がないかどうかを確認すべきだと思います。

ただ銀行のローンに関しては審査がディーラーのローンよりも厳しいとのことで、審査に落ちてしまうこともあるようです。クレジットカードなどの延滞も例外ではないと思うので、日ごろの支払には気をつけたいところです。

ローンに関しては収入と支出のバランスを考えた上で自分が可能な支払額を設定するのが最低限の常識です。万が一、払えなくなってしまったら自分自身の信用情報に傷がつくということを忘れないでいたいと思います。